サーバーって何?初心者が選ぶべきサーバーと契約方法【画像つき】

『30日間でおしゃれブログ完成レッスン』2日目は、サーバーの契約を行います。

サーバーって何?いきなり契約?一体なんのこと…?
サーバー契約とは、今後ブログを設置するためインターネット上に自分用の土地を確保することです。
今回はこの「サーバー」について、そもそもサーバーとは何か?費用はどれくらい必要なのか?実際に使うにはどうしたらいいのか?などを詳しく解説していきます。

2日目のメニュー
  • サーバーについて学ぶ
  • レンタルサーバーを決める
  • サーバーを契約する

サーバーって何?必須なの?

サーバーとは、インターネット上でブログやサイトを公開するための土地のようなものです。

サーバーとは?

どんなサイトやブログを作るにも、WEB上に公開して誰かに見てもらう状態にするにはサーバーが必要です。
サーバーを利用しないWEBサイトはありません。

ブログを作るにはサーバーが必要!

アンディ
ブログを公開するために、まずはサーバーを用意する必要があるってことですね。
このサーバーは自分で作るのはとても大変(お金・時間・専門知識が必要)なため、一般的にはレンタルサーバーを利用します。

サーバーはレンタルできる!

アンディ
土地であるサーバーを貸してくれるサービスがあるんですね!
無料でレンタルできるブログもあるって聞いたことがあるけど…?
アンディ
無料で作れるブログのことですね!無料ブログは『土地用のお金がかからない』代わりに、色んなデメリットがあるのでオススメできません。

無料で借りられる土地じゃダメなの?

いわゆる「はてなブログ」「アメーバブログ」のように、ブログ用の土地は無料でも借りることができます。
ですが、無料ブログは『自由にデザインできない』『広告が貼れない』『急に見れなくなる可能性がある』などのデメリットが多いためオススメしません。

アンディ
このレッスンでは、有料で自分の土地を持ち、見た目がよく効果的なブログを作ることを目的としています。
無料だけど勝手に広告が出るとかはイヤだな…。長期的に見ても、土地は有料で借りておいた方がいいんですね。
それでは、有料で土地(サーバー)を借りる仕組みについて見ていきましょう!

レンタルサーバーの仕組み

レンタルサーバーとは、既に設置されたサーバーの一部を利用者に貸し出してくれるサービスです。
レンタルサーバーを利用すれば、1か月単位で手軽に誰でもサーバーを借りることができます。

レンタルサーバーの仕組み
1か月単位で借りられるなら安心。でも、お高いんじゃ…?

レンタルサーバーの費用は、サービス会社によって異なりますが月に数百円から数万円です。

えっどうしてそんなに差があるの?まさかボッタクリ業者がいるってこと…?

サーバーのレンタル料は、性能や容量で決まります。

例えば、賃貸物件でも古くて小さな部屋は安く、新しくて広い部屋は高めですよね。
更に、大家さんによって家賃の設定が違うのと同じで、サーバーのレンタル費用もサービスを提供する会社によって様々です。

レンタルサーバーの料金設定
まずは好きな土地を選んで借りて、自分の家(ブログ)を建てていくんですね。
アンディ
その通り!たくさんお客さんが来ても快適な家を建てるために、いい土地を選びましょう!

レンタルサーバーの選び方とオススメのサーバー

現在日本にはたくさんのレンタルサーバー会社があり、そのサービスや種類はとても多いです。

色々ありすぎて、どこの何を選べばいいのか分からない…。
アンディ
大丈夫!いいレンタルサーバーを選ぶには、基準があります!
レンタルサーバーを選ぶ基準
  • 安定しているか(エラーで急にページが表示されなくなったりしないか)
  • ブログを作るための環境が整っているか(初期設定が簡単か、など)
  • 費用(コスト)はどれくらいかかるか
  • サービスを提供している会社は信頼できるか
確かに、信頼できて安定しているのは大事よね。かといって費用が高すぎても困るし…。
具体的にどこの会社のサービスが1番いいんだろう?
ズバリ、初心者の方(~ベテランまで)にオススメするサーバーは「エックスサーバー」です。


アンディ
WEB制作歴15年以上の私が、自信を持ってオススメします。ぶっちゃけ、一択です。
どうしてエックスサーバーなの?ほかのレンタルサーバーとどう違うの?

安定して良いサービスを提供しているレンタルサーバーはたくさんありますが、
私がエックスサーバーをオススメする理由は次の通りです。

エックスサーバーをオススメする理由
  • ページの表示が抜群に速い(ほかと比較にならない)
  • 安定している(急にサービスが止まったりしない・一度にたくさん訪問者が来た時も強い)
  • ブログ作りに特化したシステムを採用している
  • ブログを運営するための環境がすべて整っている
  • 管理画面がシンプルで、ブログ制作初心者でも分かりやすい
  • 初期費用0円、月額500円からのプランがある
  • 運営歴15年以上、24時間365日体制のメールサポートあり
  • 大手企業から個人ブロガーまで、多くの人(160万件以上)が利用している
アンディ
新規にサーバーを選ぶならエックスサーバーにしておけば間違いない。そう断言します。
レンタルサーバーはエックスサーバーがおすすめ!
…ん?WordPressって何だ?ブログの横にカッコで書いてあるけど…?
アンディ
WordPressとは、ブログを作るためのシステムのことです。詳しくは、別のレッスンで詳しく解説します!今は、「ブログを作るにはWordPressが必要」ということだけ知っておいてください✨
でも、やっぱりデメリットもあるんじゃ?いいことばかりだと逆にあやしい…。
アンディ
それじゃあデメリットも見てみましょう!

エックスサーバーのデメリットは?

エックスサーバーにデメリットがあるとすれば、以下の点が挙げられます。

エックスサーバーを選ぶデメリット
  1. できることが多すぎて、迷う可能性がある
  2. プランによっては3,000円~の初期費用が発生する
  3. キャンペーン期間によっては、費用が変わってくる
  4. 格安サーバーに比べると、割高感がある
アンディ
ひとつずつ見ていきましょう!

1)できることが多すぎて、迷う可能性がある

ブログの設定はもちろん、セキュリティの管理やアクセス解析など、エックスサーバーでできることはとても多いです。
ブログ作りが始めての方や慣れない方だと、最初はどの機能をどう使えばいいのか迷ってしまうかも知れません。

エックスサーバーの管理画面

エックスサーバーの管理画面

最初は、迷っても大丈夫です。必要な設定や使い方については、このレッスンを通して全て画像つきで解説します!

画像つきで説明が読めるなら、はじめは分からなくても大丈夫かも!
アンディ
なぞの専門用語や設定方法も、解説はアンディにお任せください!徹底的にサポートします!

2)プランによっては3,000円~の初期費用が発生する

初期費用0円からのプランがあるエックスサーバーですが、選ぶプランによっては初期費用(最初だけかかる費用)が高めです。

アンディ
このサービス品質で「初期費用0円」のプランを用意してしまったことが逆にスゴイと個人的には思いますが…はじめて使う場合は、費用はなるべく安く抑えたいですよね。
使い勝手も分からないし、いきなり高い費用を払うのには抵抗があります。
アンディ
そんな時は「初期費用0円」のプランを選択すればOK!変更はいつでも可能です。お試し期間もありますよ!

初期費用がかかるプランとかからないプランの主な違いは、容量、メールアドレスの有無、ブログをいくつ作れるか、になります。

えっプランによってはブログをたくさん作れるの…?
アンディ
借りた土地に、何軒も家を建てるイメージですね。初期費用のかからないプランだと、1つの契約で1つのブログだけ持てるイメージです。

各プランについて詳しくは、エックスサーバーの契約方法で解説します!

3)キャンペーン期間によっては、費用が変わってくる

エックスサーバーに限らず、レンタルサーバーは時々「初期費用半額キャンペーン!」とか「1か月無料キャンペーン!」とかを行っています。

せっかくだから、キャンペーン期間中に契約したいな。
アンディ
やりたい時が、はじめ時。キャンペーンを待ってると、いつまで経っても契約できないかも知れませんよ。
費用に関するキャンペーンは、エックスサーバーに限らず開催時期や内容がバラバラです。
なので「エックスサーバーのデメリット」とは言えないかも知れません。
アンディ
キャンペーン期間外でも、エックスサーバーは14日間無料で試せます!まずは使ってみれるのが、ありがたいですね。

4)格安サーバーに比べると、割高感がある

エックスサーバーは、一番安いプランでも月に500円かかります。
サービス内容から考えると破格ですが、価格だけ見ると、500円以下で契約できるサーバーは他にたくさんあります。

格安でブログが作れるレンタルサーバー例
なんだ!こんなに安いサーバーがあるなら、こっちを使ったほうがお得じゃん!
アンディ
ちょっと待って!値段で決めてしまう前に、レンタルサーバーを選ぶ基準を思い出してください!
レンタルサーバーを選ぶ基準
  • 安定しているか(エラーで急にページが表示されなくなったりしないか)
  • ブログを作るための環境が整っているか(初期設定が簡単か、など)
  • 費用(コスト)はどれくらいかかるか
  • サービスを提供している会社は信頼できるか

コストだけ安くても、安定していなかったり、使える容量が少なすぎたり、使いにくい・表示が遅いなどの問題があれば快適に使うことができません。
また、プランによってはブログが作れない(WordPressが使えない)ケースもあるので、注意が必要です。

結局、あとからサーバーの変更(引っ越し)をしなければならなくなる場合もあります。

あとから引っ越しできるなら、最初は安いサーバーでいいかも…。
もちろん、それでも構いません。
ただ、エラーやトラブルへの強さ、困った時のサポート、表示速度の違いが検索結果に影響することなどを考えると…

引っ越しの可能性があるならば、最初から「長く使える良いサーバー」を選ぶことを個人的にはオススメします。

“あとから引っ越し”は、初心者にはハードルが高い
アンディ
じつは、「あとから引っ越し」と簡単に言いましたが、初心者にはハードルが高い作業だったりします。
サーバーの引っ越しには、ドメインの設定、新サーバーへのデータ移行(データのバックアップとアップロード、動作確認、サーバーの設定変更)などいくつかの手順が必要です。

手順を間違うと途中でページが真っ白になったり、復旧の仕方が分からなかったりして、結局有料サービスに頼った、という声も多いです。

アンディ
実際私も、仕事として請け負った事が何度もあります。何かあった時のためにも、初心者の方こそ自分でやりたくない作業なんです。
サーバー引っ越しを試みた方の口コミ
サイト制作初心者ながらサーバー移転を試みましたが、結局で有料でプロにお願いすることになりました。
初めからエックスサーバーにしておけば余計な経費、委託料や移行期間のサーバー代金を2重に支払わずに済みました…。
アンディ
実はコレ、友人の実話です。ネット上に引っ越し方法はたくさん載っていますが、余計な手間やお金をかけないためにも、最初からいいサーバーを選んでおくことをオススメします!
アフィリエイトもする予定だし、余裕で元は取れるかも。折角だから長く使えるものを選んでおこうかな。
アンディ
感じ方は人それぞれですが、エックスサーバーの機能や品質、速度を考えれば、初期費用がかかるプランでも安いくらいですよ。

エックスサーバーとその他の人気サーバーの比較

デメリットは分かったけど、他とも比べてみないと安心できないなぁ。
アンディ
それでは早速、人気のある他サーバーと比べてみましょう!

いくつかポイントを絞り、ブログが作れる(WordPressが使える)プランで一番安いものを比較してみました。
エックスサーバーは通常サーバーブログ特化(wpX)サーバーで2種類あるため、2つとも掲載しています。

料金・主な仕様

表は横にスクロールしてご覧ください。(スマホの方はスライドして表示)

エックスサーバーwpXサーバーロリポップ!さくらレンタルサーバーお名前ドットコム
プラン名X10wpXクラウド グレードAライトプランスタンダードSD-11
月額料金900円500円250円515円900円
初期費用3,000円無料1,029円515円無料
ディスク
容量
200GB10GB50GB100GB200GB
データベース50個1個1個20個50個
転送量70GB/日300GB/60GB/日80GB/日無制限

ディスク容量とは?

どれだけデータ(画像・文字・メールなど)を保存できるかになります。

アンディ
土地の広さってことですね!

データベースとは?

データベースの数だけ、WordPressなどのシステムを使うことができます。

アンディ
ブログをいくつ持てるか、と考えていいと思います。

転送量とは?

データを送信したり、受信したりする上限です。

アンディ
上限が大きいほど、ブログにたくさんの人が訪問しても負荷がかかりにくいと言えます。
え!じゃあ転送量が無制限のお名前ドットコムはその点で最強ってこと?
アンディ
それが、無制限だといいかといえばそうではないんです。誰でも無制限ということは、同じサーバーを使っている他のユーザーも使い放題ということです。
大きなサイトや訪問者が多いサイトがたくさんの容量を使うと、データのやり取りが遅くなってしまう可能性があります。
単純に最強とは言えないってことか~。

バックアップ・その他

表は横にスクロールしてご覧ください。(スマホの方はスライドして表示)

エックスサーバーwpXサーバーロリポップ!さくらレンタルサーバーお名前ドットコム
バックアップ自動自動自動・有料(月300円)自動自動
バックアップ対象Web&メールデータ(過去7日分)、
MySQLデータベース(過去14日分)
WordPressデータ&MySQL
データベース(過去14日分)
Webデータ&MySQL
データベース(7回分)
Webデータ&MySQL
データベース(8回分)
Webデータ&MySQL
データベース(3週間回分)
※保証なし
復元データベースは過去7日分無料ダウンロード可能
その他は有料(サポートあり)
管理画面からダウンロード可能管理画面からダウンロード可能管理画面からダウンロード可能FTP操作が必要
その他表示や処理がとても速い表示・セキュリティなどWordPressに特化
WordPressに関しては通常サーバーより速い
安いプランはWordPressの処理が遅いバックアップメニューが充実、
処理や速度はエックスサーバーの半分以下
バックアップ期間は長いが保証がない

バックアップ対象とは?

「Web&メールデータ」とは、画像やメールなどのデータのことです。
「MySQLデータベース」とは、ブログ内の記事や設定になります。

アンディ
いざという時のために、バックアップについてはしっかり確認しておきたいですね。

復元方法の違い

専用の管理画面からダウンロードしたり、有料サポートを受けることでデータを元に戻すことができます。

FTP操作とは、直接サーバーにアクセスしてファイルのやり取りや更新を行う方法です。最初は少しハードルが高いかも知れません。

アンディ
バックアップ機能については、さくらサーバーがユーザー目線の細かい設定ができるため一歩リードです✨

その他

どのサーバーも、人気なだけあって標準的なセキュリティ対策は万全です。
ロリポップに関しては、プランを上のものに変えるとWordPressの速度がグンと早くなります。

サーバー比較、総合評価

総合的に見て、安定性や速度、ブログ(WordPress)設置に特化していることから、やはりエックスサーバーがオススメです。

アンディ
表示や処理の速度は、ブログを見てくれる人の快適さや、検索結果の表示順位にも関係してきます。
エックスサーバーは費用が気になる…という方はロリポップ!がオススメです。
アンディ
ひとまずロリポップで契約して、軌道に乗ったらエックスサーバーへ移転…というのも、いいかも知れません。
ロリポップ!で契約する際は、WordPressの速度が速く電話サポートもついた「スタンダード」以上のプランがおすすめですよ。

さて、契約したいサーバーは決まりましたか?
次の項では、エックスサーバーの契約方法を解説します。

エックスサーバーを契約しよう!

早速、エックスサーバーの契約方法を見ていきます。

アンディ
いくつかプランがあるので、自分に合ったものを選んでみましょう!

エックスサーバーのタイプはどれを選ぶのが正解?

エックスサーバー(ブログ用)には、大きく分けて2つのタイプがあります。

詳しいことはよく分からないから、サクっと正解を教えてください。
アンディ
分かりました!答えは、単純に2択です!

エックスサーバーのタイプ選び

基本はwpXレンタルサーバー安く始めたいならwpXクラウド、って感じかな?
アンディ
その通り!長い目で見て、汎用性の高いwpXレンタルサーバーを選んでおけばコスパも性能も、何かと間違いありません!この道15年以上のプロが断言します✨
どちらを選んでも、後から変更することもできるんですね。
より詳しくプランについて知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

初心者向け!エックスサーバーの違い(wpX・通常サーバー)や選び方

2018年12月22日

それでは早速、契約手順について見ていきましょう!

wpXの契約方法(レンタル・クラウド共通)

それでは、wpXの契約方法をご紹介します!

1)まずは、トップページから「新規お申込みをする」をクリックします。

トップページ

2)申し込みの流れを確認します。

Xサーバー申し込みの流れ

申し込みの流れ
  1. メールアドレスの登録
  2. 確認メールの受信
  3. 会員情報の登録と申し込み
  4. 14日間のお試し期間開始!
  5. 満足できれば、料金の支払い
  6. 支払い確認メールを受信
  7. 正式に利用開始!
3)「お申し込みフォーム」をクリックします。

お申し込みフォーム

4)規約を確認して、「同意する」をクリックします。

規約を確認

5)メールアドレスを入力して、「確認メールを送信」ボタンを押します。

メールアドレスを入力

6)確認メールが送られてくるので、「お申し込みURL」をクリックします。

確認メールが送られてくる

7)サーバーIDを入力します。

サーバーIDを入力

ここで入力した文字が、最初のアドレス(1日目で考えましたね!)になります。

アンディ
「ドメイン」という単語の意味についてや、詳しくは別のレッスンで詳しく解説します!
希望アドレスが他の人とかぶっていないことを確認したら、「○○で申し込む」を押します。

申し込む

8)会員情報登録フォームに、必要事項を記入しましょう。

会員情報登録フォーム

すべて入力し終わったら、「確認画面へ進む」を推します。

確認画面へ進む

9)会員情報を確認して、間違いがなければ「会員登録を確定する」を押します。

会員登録を確定する

アンディ
wpX クラウドの場合は、ここでグレード(プラン)を選択するメニューがあります。
グレード(プラン)を選択する

wpX クラウドのプランは全7種類!

wpX クラウドには、全部で7種類のプランがあります。
違いは、月額料金と容量です。

アンディ
どれだけの容量が欲しいか、月にどれだけ訪問者が来るかで決めましょう!
いちばん低いグレードであるグレードAでも、容量は10GBあり、想定PV数(ひと月あたりの訪問者数)も30万程度までが目安と、十分なボリュームがあります。
アンディ
はじめての契約は、グレードAがおすすめです!サイトが大きくなったり、アクセスが増えたらグレードアップを検討しましょう👍
グレードBは月額1,000円だから、Bにするならいっそ「wpX レンタルサーバー」にした方がいいかも…?
10)登録したアドレスに、「会員登録完了のお知らせ」と「サーバーアカウント設定完了のお知らせ(試用期間)」というメールが届きます。

会員登録完了のお知らせ

アンディ
おめでとうございます!登録が完了しました!
ふー、これで自分のサーバーを確保できたということですね。

レッスン2日目 まとめ

『30日間でおしゃれブログ完成レッスン』2日目は、サーバーの契約を行いました。

アンディ
今日は、あなたのブログを作るための土地を確保しました!これから家(ブログ)を建てるのが楽しみですね!
明日は、ブログの住所(ドメイン)を決めます。
1日目に立てた計画を元に、どんどん進めていきましょう!