ADHDのパワー系ソリューション!先人の知恵を借りて賢く生きろ!

ADHDのパワー系ソリューション!先人の知恵を借りて賢く生きろ!

ADHDといえば、「集中できない」「先延ばしにしてしまう」という特性がありますよね。

それらの特性を解決して生きやすくする、パワー系のソリューションがバズっているのでご紹介します。

ADHDのパワー系ソリューション8選

朝の支度は 必ずルーチンタイマーを使う

別のことに気を取られて時間が経つ、目の前にあるやるべきことを忘れないためにルーチンタイマーを活用する事例。

タイマーで管理されていれば無駄に時間も過ぎないし、次にやることも「見える化」して明確なので迷わず行動できますね。

大事っぽい書類は決まった場所にまとめておく

「これは大事そうだ」と思った書類は一か所にまとめておくというルール化。

「ない!!」と慌てたり、「どこいった?」と不安になることも無くなりますね。

そもそも “散らかりようがない” 環境を作る

靴下が全部同じであれば、片方ない、という事は発生しませんね。アイデアの勝利!

収納やラベリングに工夫をして、日常に潜む罠を徹底排除する

教科書をイメージカラーでラベリング、プリントもイメージカラーで仕分けされた箱にガサっと投げ入れて保管

頭で考える前に視覚的に判断できる&ごちゃごちゃさせない仕組みで、忘れ物が減ったそうです。

ADHDの子を育てている親御さんが即実践できるのはもちろん、社会人になっても使えるアイデアですね。

Apple Watchで持ち物の場所を把握する

スマホ、財布、その他諸々がどこにいったか分からない…そんな事態を防ぐアイデア。

Apple Watchを使えば音で場所が分かるので、ついついどこかに置いてしまっても無くなることがなくなりますね。

スマホのホーム画面にメモを貼る

スマホのホーム画面にウィジェットでメモを貼っておけば、忘れることがなくなりますね。

日々のやることや大切なこと、買う予定があるものなどをメモするのはADHDの方以外でも役立ちそうです。

ストックの有無を直接書く

ストックの有無、場所、有効期限などを直接書いておく荒業。見た目はとにかく、すぐにで分かるので便利!

教科ごとにファイリングする

教科ごとに、教科書やノートをまとめてジッパーファイルに収納。これで宿題のプリント忘れや紛失が無くなったというナイスなアイデア。

教科ごとのイメージカラーとも合わせると、視覚的にも分かりやすくていいですね。

ADHDの先延ばしは「一分」で改善する?

そもそも、ADHDの「先延ばし癖」は「一分で改善する」という話。

ADHDの人の「ちょっと後でしよう」は「永遠にやらない」とイコールになりがちなので、やるべきことを先延ばしにしそうな時は「1分だけやろう」「1文字だけ書こう」で行動のハードルを下げると良い、という理論です。

「困難は、分割せよ」名言ですね。

ADHDのコンプレックスを解消する方法とは?

「忘れっぽい」「すぐ怒る」「他人の影響をうけやすい」…そんなコンプレックスがあると、生きづらく感じるのは当然です。

脳内化の医学博士である加藤 俊徳先生が書かれている、「ADHDコンプレックスのための“脳番地トレーニング”」はADHDのタイプ別に処方箋が示されておりおすすめです。