30代からでもwebデザイナーになれる?未経験者が抱く疑問や、始めるべきことを徹底解説

「webデザイナーに興味があるけど、何から始めたらいいのか分からない…」
「未経験でwebデザイナーとして就職するには、どんなスキルが必要なんだろう?」

アンディ
そんな疑問に答えます!未経験からでもwebデザイナーになれる!年齢は関係ない!

webデザイナーとは、何をする人なのかを知る

そもそも、「webデザイナー」とは “web制作” において何を担当する人なのでしょうか?

webデザイナー志望
“手に職” って感じはある…で、具体的に何する人?

webデザイナーとは、『webページのデザインをする人』ですが、『webページのデザインだけをする人』ではない場合が多いです。

企業や雇用形態によっては『ページのデザインだけを担当する』『バナーのデザインだけを担当する』ということもあるかも知れませんが、
小さな企業や個人でwebデザイナーとなる場合、ページの企画、デザイン、組み立て(コーディング)、SEO対策まで幅広く担当することになります。

webデザイナーの仕事
  • webサイトの企画・立案
  • webページやそれに付随するパーツのデザイン
  • HTMLやCSS(更にPHP、Javascript)を使ったコーディング
  • SEO対策
  • webサイトに関するトラブルシューティング
  • クライアントへの分かりやすい説明と最適な提案
webデザイナー志望
トラブルシューティングとか本当に必要なの…?あくまで “デザイナー” の仕事だけやりたいんだけど…

前述の通り、あくまで “デザインだけひたすらやらせてもらえる” 場合であればコーディングの仕事をすることは無いかも知れません。

ですが、web担当者が数名しかいないような会社や個人で行う場合は、webに関する様々な知識や業務が『webデザイナー』『web担当者』としてまとまるといっても過言ではありません。

また、仕事としてデザインだけを主に行う場合でも、コーディングの知識があるのと無いのとではデザインの組み立て方や考え方にも差が出ます。

プロのwebデザイナーとして食べていくには、幅広い知識や技術が必要とされるのは間違いありません。

webデザイナー志望
なんか難しそう…未経験でも簡単なれるんじゃなかったの?

簡単になれて、それでいい感じに稼げるのなら誰でもやってますよね(泣)
webデザイナーは、未経験でも知識を身につけて経験を積めば誰でもなることができるのは確かです。

「1週間でプロレベル!」「1か月で仕事ザクザク!」なんて甘い世界ではありませんが、がんばれば自宅で好きな時間に仕事をする!といったスタイルも可能な職業です。

アンディ
私も今では、フリーのwebデザイナーとして自宅で好きな時間に仕事をしています。

また、webデザイナーという仕事に年齢はあまり関係ありません。
覚えの早い20代も魅力的ですが、クライアントとのやり取りや他の制作部門との連携も多い仕事なので、社会経験を積んでコミュニケーション能力のある30代、40代からのスタートでも十分活躍できます。

そんなwebデザイナーという職業ですが、結局何をどうすれば近道なのかをぶっちゃけ解説します!

初心者がwebデザイナーになるまでの道のり

webデザイナーへの道のり
さて、webデザイナーになるためには何をすればいいのでしょうか。
答えは単純明快です!

  1. webページ制作の仕組みを理解する
  2. webページ制作に必要なソフトの扱いを覚える
  3. webページ制作に関する用語を覚える
  4. デザインの超基礎を学ぶ
  5. 実際にwebページを作ってポートフォリオを用意する
アンディ
これだけできたら正直、“未経験”として就職するための土台は完成します。

「未経験者歓迎」と書かれている求人があった場合、1~5の項目ができていればスタートラインとしては合格です。

面接官
独学でどこまでやれたかで、やる気や本気度が分かっちゃいます。

webサイトの仕組みやソフト、専門用語の勉強方法

これはもう、“実践あるのみ” が一番早いです。

オススメの方法は、初心者用の本を買い、実際にwebサイトを作りながら学ぶ方法です。

「サイトの作り方」…といったキーワードでも様々なサイトや動画が出てきますが、そこで初心者の勘で選りすぐって少しずつ学ぶよりも、“プロが書いた本の手順にそって指を動かす” ことが上達の近道です。

アンディ
私も色んなサイトを見たり、実際に本を買ったり、プログラムに関してはスクールを利用したこともありました。そんな私が断言します。とにかくまずは入門書を一冊完全にやりきること。どんなジャンルでも、それが一番力になりました。

参考書を用意して、実際にwebサイトを作ってみる

まずは作ってみる。分からなかったり、うまく表示されなければその都度確認・修正・クリアしながら確実に前に進む。

それを繰り返し行うことにより、まずは『サイト作り』の基本を身体に叩き込むことができます。
最初は本やヒントを見なければ分からなかった箇所も、段々アレンジしたものを自分で考えて作れるようになります。

アンディ
アレンジしたサイトが作れるようになれば、それは立派なポートフォリオになります!

必要なソフトがあれば、先行投資として購入・契約を検討してみて下さい。
私はデザインに「PhotoShop」・「Illustrator」、コーディングに「Dream Weaver」を使用しています。イラストは「SAI」で描いています。

「PhotoShop」「Dream Weaver」などの製品は高額ですが、定額で使い放題の契約をするといつでも最新版(過去版も)を利用することができます。

アンディ
私も定額で契約しています。年単位で見ると結構な額ですが、仕事には必須なのです。十二分に元が取れるのでOK!

参考になったオススメの書籍

おすすめ書籍
私が実際に使ってみて、「これはマジで買ってよかった」と思った本を紹介します。

ノンデザイナーズ・デザインブック

デザインに関して、よく考えれば “当たり前” なことも、改めてそこに注意して組み立てることはとても大切&忘れがちです。
この本に書かれている『基礎のキ』をしっかり意識することができれば、素人の域から一歩踏み出せると思います。

なるほどデザイン

こちらもデザインに関する基礎的なことを学べる本。
内容も面白く、きれいで見やすいです。オススメの使い方は「なるほどね~」で読み流すのではなく、書かれていることをしっかり理解・納得して自分の作品に活かすこと。

ふとした時に読み返したり、アイデアが必要な時にまず手に取ってみることで、この本に書かれている『基礎』をいつでも引き出せるようになっていきます。

HTML5/CSS3モダンコーディング フロントエンドエンジニアが教える3つの本格レイアウト

色んな本に習ってサイト作りを勉強しましたが、この本ほどコーディングの勉強に役に立ったものはありませんでした。
「HTMLもCSSもちょっと分かるけど、なぜか私が作るとダサいんです」といった悩みも解決に導いてくれる本。

アンディ
コーディングに関しては、「Dream Weaver」の入門書や「最新サイトレシピ」みたいな本もいくつか買いましたが…内容にムダも多くて、これがオススメ!ってのがあんまりなかったです…

基礎からのWordPress 改訂版

これからweb制作で生きていくには、Word Pressの知識は必須です。
色んな解説書が出てますが、こちらの本がボリューム満点、超おすすめです。とにかく分かりやすい。

この本を読み込んで内容をしっかり理解できれば、仕組みから作り方まで一通り把握できます。

沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘—

SEOに関しては、まずこれを読んでおけば間違いないという本です。
SEOが何なのか分からない方から、「とにかくこのサイトをグーグルで上に表示して」と無茶ぶりしてくる営業担当に渡す用まで、幅広くオススメできます。

アンディ
私はwebデザイナーとして会社に在籍していた頃、SEOに関してさっぱり分からないという人にどんどん貸し出していました。

具体的(技術的)なSEO対策については更に勉強が必要ですが、まずはこの本を読めば『SEOってそもそも何なのか』を理解することができます。

土台ができれば、一歩を踏み出せる

しっかりと基礎・土台作りを行うことができれば、あとはwebデザイナーとしての一歩を踏み出すことができます。

「未経験者OK!」の会社に応募してみるもよし、派遣会社に登録してみるもよし(ポートフォリオさえあれば結構いけます)、クラウドソーシングを使って独自に実務経験を積んでみるもよし!

アンディ
制作は、とにかく数をこなすこと!経験が一番の上達方法です!!

就職の際、年齢が気になる方はスキル以外のポテンシャルをアピールしてみて下さい。

アンディ
企業在籍時に実際私が面接した方で、40代(デザイナー未経験)の方がいましたが、見事採用となりました。採用の決め手は「温厚で明るい性格&粘り強さ」でした。

技術スキルは、現場に入ればイヤでもどんどんついていきます。
その中で、失敗したりどうしても進めなくなった時に(コーディングでよくあります)、根気強く原因を突き止めることができるか、クライアントやサイトターゲットが求める良いデザインを提案しようと頑張ることができるか…などがかなり大事だったりします。

まずは基礎を固めて土台作りを行い、自慢のポートフォリオを用意するところから始めてみてください!

アンディ
私が初めて就職した時は、ポートフォリオ用にサイトを5つ作って行きました!

次回は、私がフリーのwebデザイナーになるために実際に活動したこと(やったこと全て)について解説します。