初心者向け!エックスサーバーの違い(wpX・通常サーバー)や選び方

高速・安定で人気のあるエックスサーバーには、WordPress専用のサーバー(wpX)があります。

アンディ
WordPress専用サーバーは、通常のエックスサーバーよりもワードプレスの表示や処理のスピードが早く、セキュリティ面でも有利です!

エックスサーバーでWordPressを使うなら、wpXがオススメです。
この記事では、通常のエックスサーバーとWordPress専用サーバ(wpX)の違い、それぞれの選び方について分かりやすく解説します!

通常サーバーとwpXの違い

エックスサーバーは2種類ある
まず、「エックスサーバー」は“通常”“ワードプレス専用”で2種類あります。

どう違うの…?
アンディ
簡単に言うと、『どんなサイトでも作れる万能型』と、『ワードプレスしか作れないけど速度が早い特化型』です!

どちらも高速・安全な高性能サーバーですが、ワードプレスを使ったサイト作り(ブログなど)はワードプレス特化型(wpX)が断然オススメです。
理由は、特化型だけあってより処理や表示速度や早いためです。

アンディ
表示速度・快適さはSEO(検索結果の順位)にも関係するので大切ですよ!

XサーバーとwpXサーバーの比較

ワードプレスを使ってブログを作るなら、wpXを選べば間違いないんですね?
アンディ
その通りです!ブログを作るだけならブログ特化サーバー(wpX)にするべきですよ!

WordPress特化サーバー(wpX)が通常サーバーよりも速い理由

wpXは、WordPressを表示するために速度やシステムを最適化しています。
高速化の技術については、エックスサーバー社 社長のブログにこう書かれています。

wpXは、WordPress専用のレンタルサーバー。
完全に WordPress に特化したシステム構造で、
大量アクセスが発生する状況でも、WordPress を高速、安定的にご利用いただくことを目的としたサービスです。
様々な高速化技術を導入しているのですが、
その中でもリバースプロキシという仕組みを利用したキャッシング機能で、
通常レンタルサーバーでは困難な高速性・高負荷耐性を実現しています。

一方、WordPress 以外は使えなくなっていますので、
WordPress を使わない方や WordPress 以外にも色々設置したいんだよ、という方には向きません。

出典:エックスサーバー社長ブログ

リバースプロキシとは、簡単に説明するとサーバーの負荷を分散させたり、高速表示やセキュリティ対策に貢献するサーバーです。

えっと…ちょっとよく分からないんですが…。
アンディ
WordPressを使うだけなら、普通のサーバーより特化サーバーの方が速いし安全ですよってコトです。
WordPress以外の目的がなければ、迷わず特化型サーバー(wpX)を選ぶことをオススメします。
アンディ
ブログを作るなら、ブログ用のサーバーを使えば何かと間違いないってことです✨

wpXのタイプと違い

次に、WordPress専用のエックスサーバー『wpX』について見ていきます。
wpXには、大きく分けて2つのタイプがあります

それぞれ、主な特徴は以下の通りです。

wpX レンタルサーバーwpX クラウド
作れるブログの数1契約につき10個1契約につき1個
ディスク容量30GB10GB~250GB
メールアドレスあり(無制限)なし
初期費用5,000円無料
月額料金1,000円~500円~
契約期間3か月契約から1か月契約から
価格だけ見ると、wpXクラウドの方がお得に見えます。
アンディ
価格が安いのはwpXクラウドの大きな魅力ですね✨簡単にまとめると、細かい設定やメールの取得ができて、一般的なレンタルサーバーに近いのがwpXレンタルサーバーです。
アンディ
コストを抑えて最小限の機能に絞り、柔軟に契約できるのがwpXクラウドになります。
で、どっちのタイプを選べばいいの…?
アンディ
新規でサーバーを契約したい方や、既存のサーバーからエックスサーバーに変更したい方はwpXレンタルサーバーがオススメです。
アンディ
追加でサーバー契約がしたい方や、初期費用を抑え、短期間でも使えるサーバーを探している方はwpXクラウドがオススメです。

wpXサーバーの選び方

アンディ
更に詳しく、それぞれのタイプはどんな方にぴったりかをまとめてみました!

運営スタイル
利用プラン
料金プラン

後々お得、ってどういうこと?
アンディ
wpXレンタルサーバーは容量が30GB、月額1,000円~ですが、wpXクラウドで30GB使えるプランにすると、月額3,000円で転送容量もwpXレンタルサーバーより少なめなんです。
後々グレードアップするなら、最初からwpXクラウドにしておくのもアリってことですね。
メールアドレス

ブログは1つでいいけど、メールアドレスは欲しいなぁ…。
アンディ
もしかして、お問い合わせ用ですか?お問い合わせフォームや専用のアドレスはフリーメール(Gmail等)が手軽でオススメですよ✨

その他

自分に合ったタイプを選べるということですね。

汎用性が高く、サイトやブログが成長してからもコスパが良いサーバーを選びたい方はwpXレンタルサーバー、とにかくコストを抑えて始めたい方や細かい設定はしないという方はwpXクラウドがオススメです。

エックスサーバーの違い・選び方まとめ

使い方によって選べるエックスサーバー。

まず、ワードプレスを使ったブログを作るなら通常サーバーではなくwpXを選ぶのがオススメです。

そしてwpXの中でもなるべくお金をかけずに気軽に初めてみたい方はwpXクラウド、メールアドレスの設定やある程度の容量・通信量を兼ね備えたサーバーを契約しておきたい方はwpXレンタルサーバーがオススメです。

アンディ
14日間のお試し期間があるので、まずはどちらのプランでも使ってみるのがいいですよ。

そもそも、“サーバー” について仕組みや必要性を知りたい方はこちらの記事がオススメです。

サーバーって何?初心者が選ぶべきサーバーと契約方法【画像つき】

2018年12月12日