【超初心者向け】ブログを常時SSL化する手順をやさしく解説

ブログの常時SSL化とは、ブログ全体にセキュリティ(暗号化)の設定を行うことです。

この設定は、ユーザーからの信頼アップアクセスアップのためにとても大切です。
後回しにするほどGoogleからの評価を下げ、検索結果の順位を下げてしまう可能性があります。

アンディ
今回は、WordPressを使ったブログを常時SSL化する手順について解説します!
この記事で分かること
  • ブログを常時SSL化する手順
  • 常時SSL化でサイトにアクセスできなくなる例と対処方法
  • そもそも設定がめんどくさい場合の解決方法

「常時SSL化って本当に必要?もっと詳しく知りたい!」という方はこちらの記事をご覧ください。

独自SSLってなに?初心者でも分かる導入のメリット

2019年1月5日

ブログを常時SSL化するためには、独自ドメインの設定が必要です。
「独自ドメインは使ってない」という方や、「そもそもドメインって何?」という方はこちらの記事を参考にドメインの取得を行ってみて下さい。

ドメインとは?仕組み・失敗しない取得方法をイラストつきで解説

2018年12月27日

レンタルサーバーにエックスサーバーwpXを使っている方は、こちらの記事で常時SSL化の手順について詳しく解説しています。

コピペでOK!エックスサーバーで常時SSL化・httpsリダイレクトを行う手順

2019年1月8日

wpXで無料のSSLを設定してhttpsにリダイレクトをかける方法

2019年1月7日

ブログを常時SSL化する手順

常時SSL化しよう
ブログを常時SSL化するための流れは、簡単に書くと下記のとおりです。

ブログを常時SSL化する3ステップ
  1. レンタルサーバーで独自SSLの設定を行う
  2. WordPressの管理画面でSSL化の設定を行う
  3. .htaccessでリダイレクトの設定を行う
なんだか専門用語ばっかりで分かり辛いんですが…。
アンディ
言葉だけ見ると、難しそうですよね。この3ステップは、イラストにするとこんな感じですよ!

レンタルサーバーで独自SSLの設定を行う
WordPressの管理画面でSSL化の設定を行う
.htaccessでリダイレクトの設定を行う

なるほど、つまり「常時SSL化」とやらをするためには3つの手順をすべて踏む必要があるんですね?
アンディ
その通りです!ひとつずつ、ゆっくり見ていきましょう✨

1:レンタルサーバーで独自SSLの設定を行う

セキュリティ化された新しいアドレスをゲット
まず、各レンタルサーバーで独自SSLの設定をします。

独自SSLの設定方法は、レンタルサーバーによって異なります。
それぞれ公式サイトが用意しているマニュアルはこちらです。

アンディ
その他のレンタルサーバーについては、それぞれ方法を検索してみて下さいね。

XサーバーやwpXを使っている方は、こちらの記事で手順(画像付き)を紹介しています。

コピペでOK!エックスサーバーで常時SSL化・httpsリダイレクトを行う手順

2019年1月8日

wpXで無料のSSLを設定してhttpsにリダイレクトをかける方法

2019年1月7日

2:WordPressの管理画面でSSL化の設定を行う

新しいアドレスをブログに設定し直す
次に、WordPressの管理画面でSSL化の設定を行います。

WordPressの管理画面にあるメニュー【 設定 】>【 一般 】にあるサイトアドレスに「s」を書き加えて、「変更を保存」すれば設定完了です。

SSL化の設定は「s」をつけるだけ

アンディ
サーバー側のSSL設定(ステップ1)を行ってからじゃないと、エラーになりますよ。注意!

3:.htaccessでリダイレクトの設定を行う

訪問者にはセキュリティがかかった家に来てもらう
最後に、「.htaccess」ファイルを編集してリダイレクトの設定を行います。

わざわざ設定しないと、訪問者やGoogleは新しいアドレス(https)に来てくれないんですか?
アンディ
来てくれる場合もありますが、古いアドレスに行ってしまう人がいたり、Googleが「別々のサイト」として認識してしまうんですよ。

Googleの認識
Googleの認識
Googleが別々のサイトと認識してしまうと、「同じようなサイトを作っている!」としてペナルティを受けてしまう場合があります。

訪問者がバラけて検索結果で上位表示されにくくなることを考えても、古いアドレスは放置せず統一させる処理(リダイレクト)を行うべきです。

リダイレクト(転送設定)を行うためには?

リダイレクトの処理を行うためには、「.htaccess」(ドット エイチティーアクセス)というファイルの書き換えを行う必要があります。

hta…え?何?
アンディ
「.htaccess」とは、webサーバーの設定ファイルのことです。名前はややこしいですが、とにかくコレを編集すればOKってことです。
ファイルを編集?なんかこわいしめんどくさいなぁ…。この設定は必須ですか?飛ばしてもいいですか?
アンディ
残念ながら、必須です。この作業を行わないと常時SSL化にはならず、SEOにとても不利ですよ。

「.htaccess」の編集方法

「.htaccess」の編集方法は、大きく分けて3つあります。

.htaccessを編集する方法
  1. レンタルサーバーの管理画面から編集する
  2. FTPソフトとエディターを使って編集する
  3. WordPressのプラグインを使う

初心者の方であれば、①か③がオススメです。

①については、レンタルサーバーによってできる・できないなど方法が異なるので、使っているレンタルサーバーの情報を確認してみて下さい。

③については、「よく分からない」「コードの編集は怖い」「なぜかうまくいかない」という方にオススメです。
プラグインを使えば、一瞬でリダイレクトの設定が完了します。

こちらの記事で、リダイレクトにオススメのプラグインのインストール&設定手順について解説しています。

「Simple 301 Redirects」の使い方・リダイレクトはプラグインで解決!

2019年1月9日
アンディ
「ロリポップ!」「さくらのレンタルサーバー」「お名前ドットコム」…これらのレンタルサーバーはすべて、プラグインを使わないのであれば「.htaccess」ファイルへの書き込み編集が必要です。
エラーになっても困るので、私はプラグインを使って安全にリダイレクト設定を行いました✨

お花

以上3ステップで、常時SSL化の手順は終了です!

設定し終わったら、ブログのトップページにアクセスして「httpsになっているか、「http」でアクセスしても自動で「httpsのトップページに切り替わるか、アドレスバーにカギマークが付いているかなどを確認してみましょう!

常時SSL化をチェックしよう
カギマークはついていますか?
※お使いのブラウザによっては、見え方が若干異なる場合があります。

常時SSL化中にブログにアクセスできなくなった場合

403エラー
今回の作業中、「なぜかブログや管理画面にアクセスできなくなった!」というトラブルが起きた場合の対処法について解説します。

げーっいきなりサイトがまっ白だよ!どうしよう!!
私はなんかよく分からないエラー文章が出ています…何コレ??
アンディ
主な原因を載せますので、慌てずひとつずつ確認してみて下さいね👍
サイトにアクセスできなくなる原因例
  1. そもそも設定が完了していない
  2. サーバーのSSL設定をしていない
  3. 「.htaccess」の記述ミス

1:そもそも設定が完了していない

ステップ1で行う「サイトのSSL化」の反映には、長くて1時間以上かかる場合があります。
設定してすぐはアクセスできなくなったとしても、時間が経てばアクセスできるようになる場合があります。

とりあえず待っていたらアクセスできました。よかった…。
アンディ
設定してからは、しばらく様子を見てみましょう。

2:サーバーのSSL設定をしていない

レンタルサーバー側の設定を行う前にWordPressのアドレスを書き換えると、ブログにアクセスできなくなります。
ステップ1を飛ばして、ステップ2を行ってしまったパターンです。

アンディ
こうなった場合、初心者の方には少しハードルが高いですががんばって直しましょう。

こちらの記事が作業の参考になります。

3:「.htaccess」の記述ミス

「.htaccess」の記述が間違っている(半角が全角になっている、無駄なスペースが入っている)と、ブログにアクセスできなくなることがあります。
記述のミスがないかもう一度確認したり、バックアップしておいたものに戻して原因を特定しましょう。

アンディ
「.htaccsss」の編集がこわい方、うまくいかない方はプラグインを使ってみて下さいね。

「Simple 301 Redirects」の使い方・リダイレクトはプラグインで解決!

2019年1月9日

常時SSL化が面倒くさい場合

時SSLめんどくさい
常時SSL化は、ブログを運営していく上で必須な項目です。
怠れば、ユーザーにとっては不便&不審なサイトとなり、Googleからペナルティを受けることすらあります。

そんなこと言われても、サーバーごとにやり方を調べるとか面倒すぎるよ。
私は、今回はできたけど難しかったからもう2度とやりたくないです…。
アンディ
では、いっそのこと「今のブログよりも設定が超簡単に終わる&何かと快適になる」サーバーに変更してみてはいかがですか?

ブログ制作なら、エックスサーバーかwpXが超オススメ

この記事をここまでご覧になっているという事は、エックスサーバーやwpX以外のサーバーをご契約されているのだと思います。

エックスサーバーwpX(エックスサーバーのWordPress特化サーバー)なら、今回のような設定が超簡単に終わるだけでなく、ブログの表示速度もアップしますよ!

レンタルサーバー各社の比較や、「そもそもレンタルサーバーはどうやって選ぶのか」についてはこちらの記事もぜひ参考にしてみて下さい。
人気のレンタルサーバー&エックスサーバーの機能比較も掲載しています。

サーバーって何?初心者が選ぶべきサーバーと契約方法【画像つき】

2018年12月12日

特にWordPress特化のwpXサーバーなら、今回の常時SSL化もチェックボックスにチェックを入れるだけの一瞬で設定が終わります。
「.htaccess」の編集?まったく必要ありません。wpXは、高性能&初心者にも超やさしいサーバーなのです。

アンディ
私は、Web制作歴15年以上のプロのWeb屋です。ブログ用のレンタルサーバーは、機能も操作も、wpXを選ぶべきだと断言します。

常時SSL化について「メリットは分かるけど面倒・難しい」と思った方や、今後「他のサーバーよりスムーズ&有利」にブログ運営をされたい方はwpXの契約を検討されることをオススメします。

まとめ:早めの常時SSL化で安心なサイト運営を

はじめてサイトを常時SSL化する時は、専門用語や手順が分かりにくい場合も多いかと思います。
しかし、この作業は後回しにするほどブログにとって不利になるので、できればブログを公開したらなるべく早い段階で行いたいですね。

アンディ
最初にひと通り設定してしまえば、Googleから予期せずペナルティを受けることもないので安心です✨

常時SSL化をサクっと終わらせたい方サイトの速度を上げたい方は、サーバーの引っ越しや、新しく選ぶサーバーにwpXを選ぶのがオススメですよ。

アンディ
長い目で見ると、いいサーバーを選んでおく・変えておくことがブログの発展&収益化のためになります。

初心者向け!エックスサーバーの違い(wpX・通常サーバー)や選び方

2018年12月22日