初心者でもサクサク作れる!無料でおしゃれなロゴ(サイト用)制作ツール

デザインに関する知識がなくても、シンプルでおしゃれなロゴをサクっと作れるツールをご紹介します。

アンディ
全部無料!インターネット環境さえあれば、誰でも作れちゃいます✨
この記事で分かること
  • 無料でオシャレなロゴ制作ツール
  • 各ツールでどんなロゴができるか
  • 各ツールの詳しい使い方

早速見ていきましょう!

ロゴ作りにおすすめの無料ツール

ロゴ作りにおすすめの無料ツール
無料でロゴを作成できるツールはたくさんありますが、中でもおすすめなツールは下記の3つです。

ロゴ作りにおすすめの無料ツール
  • Logos made simple
  • Logo Garden
  • LOGASTER

これらのツールは無料かつ、「直感的な操作ができる」「誰が作ってもシンプルでおしゃれに仕上がる」という共通点があります。

それでは、それぞれのツールについて見ていきたいと思います。

Logos made simple

Logos made simple
シンボルと文字の組み合わせで、おしゃれなロゴを作るすることができます。
選べるシンボルが全体的にシンプルなので、特徴が分かりやすいロゴが完成します。

このツールは扱えるテキストが英数字のみなので、英字のロゴを制作する場合に活躍しそうです。

作ったロゴ例

このツールのメリット
  • 簡単、直感的にロゴを制作できる
  • シンボルを自由に選べるので、ブログの特徴を表現できる
  • 用意されているシンボルがシンプルでオシャレ
このツールのデメリット
  • 日本語の字体に対応していない

Logos made simple の使い方

トップ画面の「COMPANY NEME」部分にロゴにしたい文字を入力します。
入力できたら、矢印マークをクリック。

Logos made simple の使い方

【Search】「Heart」「Animal」など希望の英単語を入れると、候補の絵柄が出てきます。

Logos made simple の使い方

好きなシンボルを選んだら、シンボルやフォントをクリックすると装飾(色・字体・枠線など)できます。
配置を変えたり、サイズの変更をすることもできます。

Logos made simple の使い方

アンディ
それぞれ、編集したい箇所をクリックするとカスタマイズメニューが表示されます。シンボルは、ロゴの左右どちらかに置くのがバランス的にオススメです。

カスタマイズできる項目は、選んだシンボルによって異なります。

アンディ
色だけ変更できるシンボルもあれば、角丸にしたり、枠線を付けることができるシンボルもありますよ。

自分好みのロゴができたら、「SAVE LOGO」をクリックします。

Logos made simple の使い方

左側のボタンを押すと、400x400pxサイズのロゴを無料でダウンロードできます。

Logos made simple の使い方

アンディ
有料(約1100円)で大きいサイズ(5000×5000/px)をダウンロードすることもできます。

Logo Garden

Logo Garden
「Logos made simple」と同じく、シンボルと文字(英数字のみ)を組み合わせてロゴを作ることができます。

選べるシンボルがカテゴリ分けされており、種類が多いのでオリジナリティのあるロゴが完成します。
また、ロゴやテキストに影をつけたりなど、装飾機能も充実しています。

Logo Garden

このツールのメリット
  • 簡単、直感的にロゴを制作できる
  • シンボルのスタイルやテキストの種類(字体)が豊富
このツールのデメリット
  • 日本語の字体に対応していない

Logo Garden の使い方

トップ画面の「MAKE YOUR LOGO NOW」をクリックします。

Logo Garden の使い方

ロゴにしたい名前を入力し、サイズや字体を選択します。

Logo Garden の使い方

シンボルも、ロゴと同様に色やスタイルを選択します。
また、カテゴリーから種類を選ぶことができます。

Logo Garden の使い方

ロゴが完成したら、右上の「SAVE~」をクリックします。

Logo Garden の使い方

メールアドレスを入力し、「SAVE MY LOGO」をクリック。
入力したアドレス宛には、作ったロゴがいつでもダウンロードできるURLが送られてきます。

Logo Garden の使い方

表示されるロゴを右クリックやデスクトップにドラッグするなどして保存して完了です。

Logo Garden の使い方

LOGASTER

LOGASTER
日本語ロゴに対応しており、タイトルやスローガン(サブタイトル)、シンボルマークを組み合わせてロゴを作ることができます。

LOGASTER

このツールのメリット
  • 日本語に対応している
  • 豊富でカラフルなシンボルから、好みのものを選ぶことができる
  • ロゴのレイアウトがテンプレート化しているので、簡単にバランスの良いロゴができる
このツールのデメリット
  • アカウント登録(無料)が必要
  • 無料でダウンロードできるロゴはサイズが小さい

LOGASTER の使い方

トップ画面の「無料でお試し」をクリックします。

LOGASTER の使い方

【会社名】にサイトの名前を入力します。

LOGASTER の使い方

【ビジネスタイプ】を入れることで、表示されるアイコンの一覧を絞ることができます。
後から変更できるので、好きなもの(サイトのカテゴリーに近いもの)を選択してOKです。

LOGASTER の使い方

シンボルの候補が表示されるので、使いたいデザインを選びます。

LOGASTER の使い方

ロゴのプレビューが表示されます。
「ロゴデザインの編集」を押すと、レイアウト等を変更することができます。

LOGASTER の使い方

「ロゴの編集」画面で、「スローガン」にチェックを入れるとサブタイトルを入力することができます。

LOGASTER の使い方

表示されるロゴのテキストやシンボルをクリックすると、レイアウトや字体、色などを変更することができます。

LOGASTER の使い方

「次へ」、「保存」と進むと、アカウントの登録画面に遷移します。
アカウントは無料で作成でき、作成後にロゴをダウンロードすることができます。

LOGASTER の使い方

「ロゴファイルをダウンロード」ボタンを押すと、プルダウンで表示される【無料ー透かしマーク入り小サイズロゴ】を押すことでダウンロードが可能です。

LOGASTER の使い方

透かしの入っていない大きなロゴがダウンロードできる「ブランドキット」は約3300円(2019年3月現在)です。

ロゴの価格としてはかなり安いので、最初から透かしの入っていないものが欲しい場合や、もう少し大きなサイズで利用したい場合、Webサイト以外にも使用したい場合は購入するのもアリです。

無料でダウンロードしたロゴの編集は別のソフトで行う

ダウンロードしたロゴをアレンジしたい場合は、別途ペイントソフトなどで行います。

アンディ
一部の色を変更したり、グラデーションをかけたり、シンボルを背景に設置したり、複製したり…など、自由にカスタマイズするとオリジナリティが出ますよ✨

有料ソフトであれば「PhotoShop」、無料ソフトであれば「GIMP」が便利です。

アンディ
今回ご紹介したツールを使えば、イチから自分でデザインしなくてもいい感じにオシャレなロゴができあがります。「ロゴ制作に時間をかけたくないけど、それなりの完成度のロゴが欲しい」という方には特にオススメ!ぜひお試しください!